大腸カメラ
(大腸内視鏡検査)

大阪市城東区石川消化器内科・内視鏡クリニック大腸カメラ大阪市城東区石川消化器内科・内視鏡クリニック大腸カメラ

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)大腸カメラ(大腸内視鏡検査)では、内視鏡を肛門から挿入し、大腸全体の粘膜を観察します。大腸がんや大腸ポリープ、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)、過敏性腸症候群などさまざまな疾患を早期に発見することができます。必要に応じて、組織を採取し、病理細胞検査を行います。
また当院では、発見した大腸ポリープをその場で切除する「日帰りでの大腸ポリープ切除」にも対応しております。他クリニックで発見したポリープを当院で切除するということも可能です。
苦痛の少ない鎮静剤を用いた検査、院内での下剤服用にも対応しておりますので、大阪市城東区の石川消化器内科・内視鏡クリニックまでお気軽にご相談ください。

このような方に大腸カメラ

(大腸内視鏡検査)を

おすすめします

このような方に大腸カメラ(大腸内視鏡検査)をおすすめします

  • 腹痛、腹部膨満感
  • 下痢、便秘、血便がある
  • 下痢と便秘が繰り返される
  • 便が細くなった
  • 体重減少
  • 便潜血検査で陽性だった
  • 貧血が続いている
  • 大腸ポリープを切除したことがある
  • 大腸がんの家族歴がある
  • 40歳を迎えたので健康に
    気をつけていきたい

1つでも当てはまる方は、お早目に当院にご相談ください。
40歳以上の方は、年に1回の大腸カメラ検査をおすすめします。

当院の大腸カメラ
(大腸内視鏡検査)の特徴

『今まで大腸カメラで辛い思いをしたので、もう一度うけるのはいやだ』『家族や友人が辛かったので受けたくないな』と悩まれている方は是非当院で受診してください。
大腸カメラで苦痛を感じる原因は大腸カメラの挿入方法にあり、苦痛を与えず挿入するには技術力を必要とします。
①無送気軸保持短縮法(カメラの挿入時に空気を大腸に極力送らずに、曲がりくねった大腸に直線的に挿入する方法)
②水浸法(下剤などの腸液などの水を利用して、水でスコープのすべりがよく、浮力が働くので無理にカメラを押さずに挿入する方法 )
③適切な鎮静、麻酔
の3つを適切に組み合わせることで苦痛のない大腸カメラが可能になります。
拡大内視鏡を用いたJNET分類法、インジゴカルミンを用いたコントラスト法、 クリスタルバイオレットを用いた pit pattern分類法、積極的に生検検査を行い、連携している病理医と共に適切に診断を行っていきます。
日帰りポリペクトミーも可能で、サイズも相談して積極的にポリープ切除を行います。
診断結果を患者様の安心につながるよう、丁寧かつ分かりやすい説明を心がけております。

1麻酔(鎮静剤)を使用した
苦痛のない大腸カメラ検査が可能

麻酔(鎮静剤)を使用した苦痛のない大腸カメラ検査が可能ウトウトとした、半分眠ったような状態となる鎮静剤を使用し、大腸カメラ検査を受けていただけます。初めて大腸カメラ検査を受ける方、以前に受けた鎮静剤なしでの大腸カメラ検査が苦痛だったという方には、特におすすめです。

2当日の大腸カメラ検査が可能

ご予約いただければ、初診にて大腸カメラ検査を行うことが可能です。ただし、前日の21時以降から絶食していただく必要があります。また、ご来院後すぐに検査ができるわけではなく、院内で下剤を服用いただいて腸をきれいにする必要がありますので、その点はご注意ください。
※ご自宅で下剤を飲んでご来院いただくことも可能ですが、その場合は事前に診察し、下剤をお渡しする必要があります。

3土曜・日曜も大腸カメラ検査が
可能

土曜・日曜も大腸カメラ検査が可能お仕事などで平日がお忙しい方のために、土曜・日曜も大腸カメラ検査を実施しております。土日の検査をご希望される方が多いため、お電話またはWEBからのご予約をおすすめします。

4院内での下剤服用可能

通常、検査当日の朝はご自宅で下剤を飲んでいただき、排便によって腸内をきれいにしてから受診する流れとなりますが、クリニックまでの道中の便意が不安という方もおられます。
当院では、早めにご来院いただいて、院内で下剤を服用していただくことも可能です。
ご都合がよろしい方をご選択ください。なお当院では、トイレ付の前処置室を完備しておりますので、院内で下剤を服用してから検査まで、快適に、安心してお過ごしいただけます。

選べる下剤について
詳しくはこちら

5日帰りでの大腸ポリープ切除が
可能

大腸がんの多くは、大腸ポリープががん化して発生します。当院では、大腸カメラ検査で発見した大腸ポリープを、その場で切除することが可能です。また、他クリニックで発見した大腸ポリープも当院で切除することも可能です。

日帰りでの大腸ポリープ切除
について詳しくはこちら

6胃カメラ・大腸カメラの同日
検査が可能

胃カメラ・大腸カメラ検査を、同日中に行うことが可能です。前日からの食事制限、麻酔・鎮静剤が1回で済み、通院回数も減らせます。なお検査の精度については、別々に受けた場合と一切変わりませんのでご安心ください。

7消化器・内視鏡専門医による
診察と検査

消化器・内視鏡専門医による診察と検査診察・検査・及び結果説明を、一貫して消化器・内視鏡専門医が行います。患者様の安心につながるよう、丁寧かつ分かりやすい説明を心がけております。

8大学病院レベルの精密な
胃カメラ検査に対応した内視鏡を導入

身近なクリニックでも、気軽に、高度な検査が受けられる時代となりました。
当院では、大学病院レベルの精密な検査を可能にする、高性能な内視鏡システムを採用しております。

9電話予約・WEB予約が可能

電話予約・WEB予約が可能お電話またはWEBからのご予約が可能です。
待ち時間を少なくするため、できる限りご予約して受診されることをおすすめします。

10リカバリールームを完備

鎮静剤を使用した方は、検査後、意識・足取りがしっかりするまで専用のリカバリールームでゆっくりとお休みいただきます。

11感染対策の徹底

内視鏡および使用するすべての器具は、厳格な環境下で滅菌・管理します。さらに、可能な限りディスポーザブル(使い捨て)の製品を使用します。

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)で

発見可能な病気

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 感染性腸炎
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 虚血性腸炎
  • 大腸憩室炎
  • ベーチェット病
  • 直腸カルチノイド
  • 大腸メラノーシス
  • 腸閉塞 など

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)の
流れ

1ご予約

ご予約お電話またはWEBからのご予約が可能です。スムーズにご案内するため、できる限りご予約されることをおすすめします。

WEB予約はこちら

2診察

診察大腸カメラ検査前には、基本的に事前の診察が必要です。
初診当日に大腸カメラの実施をご希望される方は、お電話でご連絡ください。

3検査前日

検査前日検査前日は終日、できるだけ消化のよいものを食べてください。海藻類、生野菜などの、繊維質の多いものはお控えください。
夕食は21時までに済ませていただき、それ以降は絶食です。お水、お茶は適量飲んでください。

4検査当日

引き続き、朝から絶食です。お水、お茶は適量飲んでくださって構いません。

ご自宅での下剤服用の場合

ご自宅で下剤服用をされる方は、医師が指定した時間から下剤を服用していただきます。

当院での下剤服用の場合

当院で下剤服用をされる方は、医師が指定した時間にご来院いただき、院内で下剤を服用していただきます。

5ご来院・検査

ご来院後、準備が整い次第、大腸カメラ検査を行います。ご希望の方には、鎮静剤を使用します。検査の所要時間は、約15分~20分です。

6リカバリールームでの休憩

鎮静剤を使用した患者様は、意識と足取りがしっかりするまで、リカバリールームでゆっくりとお休みいただきます。

7検査結果説明

大腸カメラの画像を見ていただきながら、検査結果説明を行います。できる限り分かりやすい言葉で丁寧に説明いたしますので、ご不明の点、気になる点がございましたら何でも遠慮なくお尋ねください。
なお、生検の結果は、約1週間後となります。

注意事項

  • 鎮静剤を使用した場合、当日中は車・バイク・自転車の運転をお控えください。ご来院の際、またご帰宅の際には、公共交通機関またはご家族の運転する車をご利用いただくことになります。
  • 服用中のお薬がある方は、お薬手帳またはお薬そのものをお持ちください。
  • 検査当日は、身体を締め付ける服装、ベルトなどは避けてお越しください。
  • お食事は、検査後1時間程度で摂取可能ですが、様子を見ながら、水分から摂取していただき、気分が悪くならないようであれば、消化の良いものから摂ってください。
  • 生検を行った場合には、当日中のアルコールはお控えください。
  • 大腸ポリープ切除を行った場合は、3日間~1週間ほど、禁酒が必要です。
  • 検査後、血液の混じった便が出た場合には、すぐに当院にご連絡ください。

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)の費用

1割負担 2割負担 3割負担
大腸カメラ検査
のみ
約2,500円 約5,000円 約7,500円
大腸カメラ検査
+※病理診断
約4,500円 約8,000円 約12,500円
大腸ポリープ切除
(1箇所)
約8,000円 約16,000円 約24,000円
大腸ポリープ切除
(2箇所)
約9,000円 約18,000円 約27,000円
大腸ポリープ切除
(3箇所)
約10,000円 約20,000円 約30,000円

・目安金額です。
・鎮静剤の使用の有無、その他使用する薬の種類などにより、金額は変動します。
※以前までの病理検査の病理報告書は患者様にお渡しできなかったのですが、当院では病理医が治療方針に携わる病理診断を採用しております。
そのため病理診断書が発行され、患者様にお渡しできます。

お支払い方法

現金以外にもアプリ決済、クレジットカード、電子決済に対応しております。

患者さまからよくあるご質問

検査にかかる時間、クリニック滞在時間はどれくらいですか?

検査自体は、特に問題なければ15分~20分ほどで終了します。下剤をご自宅で服用いただいた場合のクリニック滞在時間は、2~3時間程度となります。ただ、院内で下剤を飲む場合は、4~6時間程度かかります。

検査中、患者もモニターを見ることができますか?

鎮静剤を使用しない場合、検査をしながら医師と一緒にモニターを見ることができます。鎮静剤を使用した場合には、ウトウトとした状態ですので、はっきり「見る」ことは難しいかと思います。
いずれにしても、結果説明の際に画像をご覧いただきますので、ご安心ください。

便潜血検査で陽性だったのですが、どうすればいいでしょうか?

精密検査として、必ず大腸カメラ検査を受けてください。また、便潜血検査の結果が陰性の場合でも、大腸がんをはじめとする病気がないことの証明にはなりません。便潜血検査はスクリーニング検査であり、また大腸がんが必ず出血を伴うというものでもありません。特に40歳以上の方は、年に1度の大腸カメラ検査をおすすめします。

大腸ポリープは、なぜ切除する必要があるのでしょうか?

大腸がんのほとんどは大腸ポリープががん化して発生します。そのため、がん化の可能性がある大腸ポリープを切除しておくことは、大腸がんの予防という意味でも大変有効だからです。

大腸カメラ検査で発見した大腸ポリープを、その場で切除することは可能ですか?

はい、可能です。当院では大腸ポリープの日帰り切除に対応しております。発見次第その場で切除し、あるいは他クリニックで発見した大腸ポリープを当院で切除することが可能です。

TOPへ戻る