お腹痛くないのに下痢

お腹が痛くないのに
下痢なのはなぜ?

お腹が痛くないのに下痢なのはなぜ?ほとんどの下痢には、腹痛を伴います。しかし、中には腹痛を伴わない下痢も存在します。代表的なのが、薬剤性の下痢やストレス性の下痢です。また、そのほかいくつかの疾患においては、同様に腹痛を伴わない下痢が生じることがあります。お腹が痛くないのに下痢があったというとき、またもちろん腹痛を伴う下痢であっても、お早めに当院にご相談ください。

お腹が痛くないのに
下痢が出るのはストレス!?

お腹が痛くないのに下痢がある場合、まず考えるのは下剤によって下痢が起こっている場合です。用法容量を守るのは当然ですが、もし処方された下剤で下痢になった、日常生活に支障が出るほどの頻繁な便意・排便があるという場合には、処方した医師にその旨を伝えましょう。また、ストレスによって起こる下痢もあります。「ストレスだから大丈夫」というわけではなく、過敏性腸症候群などの疾患を発症している可能性があります。またそもそも「下痢の原因はストレスだ」と自己判断するのは禁物です。
ストレスが原因だと思っても、必ず医師による診断を受けましょう。

お腹が痛くない場合の
下痢で考えられる疾患

考えられる疾患としては、以下のようなものが挙げられます。

過敏性腸症候群

腸の機能的な問題、ストレスなどを原因とし、腹痛、腹部膨満感、下痢、便秘などの症状を引き起こします。
10代の若い方から中高年以降の方まで、幅広い年代で見らます。

詳しくはこちら

大腸がん

食生活の欧米化、飲み過ぎ、喫煙、運動不足などを原因として発症します。
血便が代表的な症状ですが、それ以外にも便が細い、下痢と便秘の繰り返し、腹痛、腹部膨満感、体重減少などの症状が見られます。

詳しくはこちら

感染性腸炎

ウイルスや細菌、寄生虫の感染を原因として起こる急性の腸炎です。
吐き気や嘔吐、下痢、発熱、食欲不振、腹痛、血便などの症状が見られます。

下痢が続いて心配な方は
当院までご相談ください

腹痛の有無に関係なく、慢性的な下痢の方に見られるのが「体質だから」「ストレスだから」と症状を放置してしまうケースです。下痢や腹痛に慣れて気にならなくなったとしても、病気の可能性があることには変わりありません。腹痛のない下痢が続いているという方も、腹痛など他の症状を伴う下痢が続いているという方も、お早めに当院にご相談ください。
当院では、消化器・内視鏡専門医である院長が診察から検査・診断・治療を担当しています。苦痛の少ない大腸カメラ検査もご用意しておりますので、安心してご相談ください。

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)
について詳しくはこちら

TOPへ戻る