血便・下血

血便・下血とは?

血便と下血、病気の症状としてはどちらもよく耳にする言葉ですが、その意味は異なります。

血便

血液が混じっていることが目で見て分かる便のこと、あるいはその状態のことを指します。肛門や大腸といった下部消化管からの出血であるため、便に混じる血液も、赤い、いわゆる血液の色となります。

下血

胃や十二指腸といった上部消化管からの出血が肛門から出たり、便に混じることを指します。上部消化管から肛門までは距離があるため、血液は通常黒っぽい色をしています。

お尻から血が出た!

血便や下血の症状
チェックリスト

お尻から血が出た!血便や下血の症状チェックリスト

  • 鮮やかな色の血液が便に付着している
  • 真っ赤ではないが赤褐色~黒い便が出た
  • トイレットペーパーや下着に血液が付着していた
  • 便器が真っ赤になるほど
    大量の血液が出た

便に明らかな血液が混じっていた、血液が混じったようないつもと違う色の便が出た、黒い便が出たというときには、お早めに当院にご相談ください。

血便や下血の原因は?
ストレスが原因?

ストレスが直接的に血便や下血を引き起こすということはありません。
出血を伴う何らかの異常・疾患が原因になっているものと考え、早急に医療機関を受診しましょう。またその際、できる限り胃カメラ検査・大腸カメラ検査に対応している医療機関を選択されることをおすすめします。
胃カメラ検査・大腸カメラ検査では、食道、胃、十二指腸、大腸の粘膜を、内視鏡カメラにより直接観察することができます。出血している部位を特定し、疾患の早期発見・早期治療が可能です。

赤や黒の便が出た!?
血便・下血の種類

便の色・血液の色、便の状態などを観察することで、出血している部位、出血の原因となっている疾患のおおよその見当をつけることが可能です。

便の色 推定される
出血部位
推定される疾患
黒色
(タール便)
食道 逆流性食道炎
食道がん
食道静脈瘤破裂 
など
胃・十二指腸 胃・十二指腸潰瘍
胃がん
胃・十二指腸ポリープ 
など
暗赤色 小腸 小腸潰瘍
メッケル憩室出血 
など
結腸 結腸がん
虚血性腸炎
感染性腸炎
炎症性腸疾患 
など
鮮血色 直腸 直腸がん
直腸ポリープ
潰瘍性大腸炎 
など
肛門
裂肛

血便・下血を
引き起こす疾患

血便や下血を引き起こす、主な疾患をご紹介します。

逆流性食道炎

前かがみの作業や猫背による腹圧上昇、加齢などのよる下部食道括約筋の機能低下、薬の副作用などを原因として胃酸が逆流し、食道粘膜で炎症を起こす病気です。
げっぷや胃痛、胸痛、胸やけ、咳、声がれなどの症状に加え、下血を伴うことがあります。

詳しくはこちら

食道がん

アルコールや喫煙などを原因として、食道粘膜に発生するがんです。
食べ物を飲み込んだときの違和感や痛み、喉の詰まる感じ、声がれ、胸や背中の痛み、体重減少といった症状に加え、下血が生じることがあります。

詳しくはこちら

胃がん

胃粘膜に生じる、初期症状の少ないがんです。
ある程度進行してから、胃痛、胃の不快感、食欲低下、吐き気、嘔吐、下血に伴う黒い便(タール便)などの症状をきたします。

詳しくはこちら

胃・十二指腸潰瘍

ほとんどがピロリ菌感染を原因として発症する、胃・十二指腸の潰瘍です。
胃痛、嚥下困難、胸やけ、胸痛、吐き気、嘔吐、下血に伴う黒い便(タール便)といった症状が見られます。

詳しくはこちら

大腸がん

高タンパク・高脂質の食習慣、運動不足、飲み過ぎ、喫煙などを原因として起こる、大腸のがんです。
血便、便が細い、繰り返される便秘・下痢、腹痛、腹部膨満感などの症状をきたします。

詳しくはこちら

虚血性大腸炎

生活習慣病に伴う動脈硬化、脱水症状、便秘に伴う腸管内圧の上昇・蠕動運動の亢進などを原因として、大腸に栄養を届ける血流が低下し、炎症、ただれ、潰瘍などをきたす病気です。
左側腹部から下腹部にかけての痛み、下痢、血便、発熱、嘔吐といった症状を伴います。

詳しくはこちら

感染性腸炎

ウイルスや細菌、あるいは寄生虫への感染を原因として、急性の腸炎を引き起こします。
吐き気・嘔吐、腹痛、下痢、発熱、食欲不振といった症状に加え、血便が見られることがあります。

炎症性腸疾患

本来であれば外敵から身体を守ってくれるはずの免疫に異常が起こり、腸細胞が攻撃され、炎症を起こす病気です。
大きく、クローン病と潰瘍性大腸炎に分類されます。どちらも厚生労働省より難病の指定を受けていますが、適切な治療によって症状をコントロールし、QOLを維持することが可能です。
腹痛、下痢、血便が代表的な症状です。

詳しくはこちら

便秘、下痢、座りっぱなしの習慣などを原因として起こります。
血便、粘液便、肛門の痛み・腫れなどの症状を伴います。

血便や下血の検査と診断

問診にて症状をお伺いした上で、胃カメラ検査、大腸カメラ検査、直腸診・肛門鏡検査などを行います。
基本的には、黒っぽい便である場合に胃カメラ検査を、鮮やかな色の血便が認められる場合に大腸カメラ検査を選択することになります。
当院では、経鼻内視鏡や鎮静剤を使用し、苦痛を抑えた内視鏡検査を行っております。また大腸カメラ検査においては、ご自宅でも、ご来院後でもご都合のよい方で下剤を飲んでいただける体制を整えております。
診察から一貫して消化器・内視鏡専門医である院長が担当いたしますので、安心してご相談ください。

血便や下血が出たら

消化器内科を受診しましょう

血便や下血があると、皆さん驚かれ、ほとんどの方がすぐに医療機関を受診されると思います。しかし、中には「多分痔だろうから」と受診を後回しにしてしまう方やずっと放置してしまう方もおられます。
ここまでにご紹介した通り、血便や下血はさまざまな消化器疾患の「サイン」の1つであり、ときに大腸がんのような命にかかわる疾患が見つかることもあります。
当院では、消化器・内視鏡専門医が、初診から一貫して診療を担当し、胃カメラ検査・大腸カメラ検査による検査・診断、また治療を行っています。
経鼻内視鏡や鎮静剤をご用意し、正確でありながら、できる限り苦痛を抑えた内視鏡検査を提供いたしますので、どうぞ安心して、またできるだけ早く、当院にご相談ください。

TOPへ戻る