快便でもお腹が張る

快便なのに
お腹が張るのはなぜ?

快便なのにお腹が張るのはなぜ?毎日バナナ状の便が出るのにお腹が張っている…。
時々このようなお悩みを聞くことがあります。お腹の張りは、便秘のときに起こるというのが一般的な考え方であり、事実ではあるのですが、実は便秘以外にも原因が考えられます。
中には、過敏性腸症候群、大腸がんなどの疾患を原因として起こることもありますので、気になったときにはお早めに当院にご相談ください。

快便でお腹が張っている場合に考えられる疾患

快便なのにお腹が張っているというときには、以下のような疾患が疑われます。
なお、疾患以外の原因としては、腸内フローラのバランスの乱れ、呑気症(無意識のうちに空気を飲み込んでしまうこと)、月経前症候群、妊娠などが考えられます。

過敏性腸症候群

腸の機能的な問題を原因として、腹痛、お腹の張り(腹部膨満感)、下痢、便秘などが続きます。
ストレスを原因として発症することもあります。

詳しくはこちら

大腸がん

アルコールや喫煙などを原因として、食道粘膜に発生するがんです。
食べ物を飲み込んだときの違和感や痛み、喉の詰まる感じ、声がれ、胸や背中の痛み、体重減少といった症状に加え、下血が生じることがあります。

詳しくはこちら

急性胃腸炎

ウイルスや細菌の感染、薬の副作用などによって胃腸の粘膜が急性の炎症を起こします。
吐き気や嘔吐、腹痛、下痢、お腹の張り(腹部膨満感)、発熱、食欲不振といった症状が見られます。

機能性ディスペプシア

胃の運動機能の低下、ストレス、知覚過敏、生活習慣の乱れ、胃酸の過剰分泌などを原因とします。
胃カメラ検査などで異常が認められないにもかかわらず、胃もたれ、胸やけ、胃やみぞおちの痛み、胃の灼熱感、お腹の張り(腹部膨満感)、早期飽満感などの症状があります。

詳しくはこちら

卵巣腫瘍

卵巣に生じる腫瘍の総称です。良性のもの(チョコレート嚢胞など)と、悪性のもの(卵巣がん)があります。
初期にはほとんど症状がありませんが、進行すると腹の張り(腹部膨満感)、痛み、腰痛、頻尿、便秘などの症状が現れます。さらに腫瘍が大きくなると、身体の表面から触ってわかるしこりが生じます。

上腸間膜動脈症候群

上腸間膜動脈とは、十二指腸から小腸へとつながる部分に存在する血管です。
急激な体重減少などによって脂肪が減少し、十二指腸が圧迫され、お腹の張り(腹部膨満感)、腹痛、食後の胃もたれなどの症状をきたします。

お腹の張りの解消方法

病気や妊娠を原因としない場合には、以下のような方法でお腹の張りが解消できることがあります。まずは試してみるのもいいかもしれません。しかし、お腹の張りが解消されないとき、他にも症状があるときには、お早めに当院にご相談ください。

栄養バランスの取れた
適切な量の食事

栄養バランスの取れた適切な量の食事当然ですが、食べ過ぎるとお腹は張ります。腹八分目を目安とした食事を摂りましょう。
栄養バランスに気をつけることで、腸内環境も整えることができます。

規則正しい生活とストレスの解消

胃腸の機能が低下すると、ガスが溜まったり、便秘になったりすることもあります。規則正しい生活を送ることで、自律神経の調子が整い、胃腸の機能の正常化を図ることができます。
ストレスの解消も、自律神経の調子を整えるために有効です。

マッサージやストレッチ

下腹部を優しくマッサージすると、お腹の張りが解消されることがあります。手のひらを下腹部に当て、「の」の字を書くように滑らせていきます。痛みを伴うような圧迫必要なく、気持ちいい程度に抑えてください。その他、骨盤を大きく回す、腰をひねるようなストレッチは、腸に適度な刺激を与え、お腹の張りの解消に有効といわれています。

お腹の張りが心配な方は
当院までご相談ください

快便なのにお腹が張る原因には、さまざまなものがあります。
その一部には、過敏性腸症候群や急性胃腸炎、機能性ディスペプシア、大腸がんといった疾患を原因として起こるものが認められます。またたとえ疾患によらないものであっても、何らかの原因はあるはずです。
疾患であれば早期発見・早期治療のために、疾患でなくても正しい対応で症状を改善し安心するために、まずは一度、当院にご相談ください。
ここまでご説明した通り、考えられる病気の多くは消化器疾患です。当院では消化器・内視鏡専門医である院長が、診察から検査・診断・治療を担当します。必要に応じて胃カメラ検査・大腸カメラ検査を行うこともできますので、安心してご相談ください。

TOPへ戻る