食道カンジダ症

食道カンジダ症とは?

食道カンジダ症とは?カンジダは、真菌(カビ)の一種です。健康な人の皮膚や粘膜にも存在している常在菌ですが、免疫力が低下したときなどに異常に繁殖してしまうことがあります。そして、食道でカンジダが異常に繁殖していることを「食道カンジダ症」といいます。
内視鏡で食道を観察すると、白い苔のようなものが認められます。

無症状のこともある!?
症状チェックリスト

無症状のこともある!?症状チェックリスト

  • 胸やけ
  • 胸痛
  • のどの違和感
  • 食べ物が飲み込みづらい

症状としては上記のようなものが挙げられますが、無症状のケースが少なくありません。

食道カンジダ症の原因は?

カンジダは、健康な人の皮膚や粘膜にも存在する常在菌です。しかし、精神的・肉体的ストレスなどによって免疫力が低下すると、カンジダが異常繁殖し、食道カンジダ症を発症します。 そのほか、糖尿病や自己免疫疾患の治療で用いられる免疫を抑制する薬、常在菌のバランスを崩すことのある抗生剤などの服用が食道カンジダ症の原因になることもあります。

食道カンジダ症の検査と診断

症状をお伺いした上で、胃カメラ検査を行い、診断します。斑状・びまん性の白い苔のようなものとして認められます。
なお当院では、消化器・内視鏡専門医が、必要に応じて経鼻内視鏡や鎮静剤を用いて胃カメラ検査を行います。

これまでに胃カメラ検査を受けたことがないという方も、苦痛の少ない胃カメラ検査を実施しておりますので、どうぞご安心ください。

胃カメラ(胃内視鏡検査)に
ついて詳しくはこちら

食道カンジダ症の治療

免疫力が回復するなどして自然治癒することもありますが、回復が見込めない、症状が比較的強く現れている場合には、治療を行います。

薬物療法

薬物療法抗真菌薬を内服し、治療します。

食事指導

食事指導バランスのよい食事をとり、喫煙・アルコールを控えることが、一般に食道カンジダ症の再発防止に有効だと言われています。

TOPへ戻る